ウォーター
採取2004
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
2009 2010 2011 2012 2013 2014


年月日
2004/11









































女性戦士
彼女の雄姿
1日目
そろそろ寒いし魚が居ない今世紀最悪の不漁年
おのずと南の島に行きたくなるのが採取人の性
ところが最近仲間と仕事の波長が悪く一緒に行けない
かみさんに相談したら 一緒に行ってくれるとの事
喜んだら 3日後 ヤッパリ行きたくないと言われ
無残にも計画中止
息消沈していると 二十歳の女子大生が 一緒に行こうと
誘ってくれました 2週間後です こんなチャンス
一生に一度 逃がすわけには いきません
旅行会社に予約しましたが 切符が取れない
神の助けかキャンセル待ちでやっとゲット
しかし試練はさらに続きます 簡単には 良い思いは
させてくれません
試練A休み取ったらその日に 代行のきかない仕事が
     入ってきました 振り払ったら また 入ってきます
     目を瞑って 何とか してもらいました
     普段はそんな仕事はめったにないのに不思議です
     結局3件も入りました
試練B台風が発生 二日前に祈り通じたか 通り過ぎました
試練C前日風邪を引きました 頭がガンガン
     早引けして 早く寝て 明日海に入って
     治すしかないです
試練を掻い潜って 3泊4日の美女と召使の採取旅行
どうなることやら 
空港に着いて 真直ぐ海と 言いたいとこですが
取り合えづ昼食 名物料理の何時ものお店に入る
仲間と何時も食べる所ですが
何時も早く海に行きたいのでイライラしながら
食べていますが 今回は 連れも居るので
ゆったりと食事を楽しむ雰囲気 hamacyanじゃ
ないみたいです
鱈腹食って いざ海に
ここは最高の採取ポイント
早速横じまのお迎え 
大暴れ 
彼女は 私のバックアップに回り 最強のコンビです
息ピッタリです どこかの軍団とは 比べ物になりません
二人で優雅に ダイナミックに 南の海を楽しみました
アッと言う間に 日没 近づいて 
仕方なくポイントを後に 宿へ
若い女性が泊まるのは たいがいは高級ホテル
(プール付き)ですが
そんな所が予約できるはずもなく
鄙びた民宿 それに 露天風呂完備でなく
五右衛門風呂 hamacyanらしく 野性味の有るコース
宿屋のご主人 あまりにも チェックイン遅いので
呆れ顔 沢山の料理 夕食出してくれて
満腹です

2日目
年寄りは5時には目が覚めてしまいます
ブ女は熟睡中
仕方なく 起きだして 1人採取の準備
明けるとともに 宿飛び出して 朝の行水
一時間ばかり 潜りましたが
海の中は 荒れていて 魚少ない
やっとアミ1匹 捕まえて
宿に戻り 彼女と朝食
ビショビショなので 私だけ 土間で 食べました
折角ですから 最高のポイントに
水は澄み 熱帯魚の乱舞する 人魚が戯れる 絵になる
光景 アッと言うまに 日没 大漁の魚を 海に沈め
宿に戻った時は真っ暗 腹へった
そう言えば 昼飯抜きでした
朝から晩まで海の中引っ張りまわして 普通は怒るでしょうが
野性味が 結構 楽しそうな 彼女でした


3日目
折角来たのに海の中ばかりでは
かわいそう
彼女の為に午前中は海岸探検ツアーにしました
その前に友人から頼まれた 三ツ星悪雀を
1匹梱包 宅急便で 送りました
無事 たどり着いてくれればよいのですが
それにしても 頼まれたので 採りましたが
なぜ雀なのか??
現地から友人に送るのは採取ルール違反ですが
悪雀1匹なのでお許しを
二人で優雅にマングローブ探検
たまには 良い物です
シオマネキ
網はなくても 居れば採りたくなる
シオマネキ採りも結構面白い

午後は1日目と同じ場所に 取り逃がした
魚 追いかけ 気がつけば 日が翳り
宿に着いてバーベキュー大会 
疲れて 爆睡

4日目
海ばかりなので彼女の為に私としては珍しく陸地観光
陸地の道路も 植物の生育が早く 道路を侵食
して 狭くなって 秘境という感じ
自然の観光も初めて楽しさが分かってきました
でも多分か 彼女が来なかったら 観光なしの
海中ばかりに戻ってしまいます
我慢できなくて 1時間だけ 最後に潜らせて貰いました
何時ものベースキャンプ
ウミズキ追い掛け回しやっとゲットで終了です
後は 早めではありますが 帰途につきました
海ばかりだったので一寸心配になり 彼女に感想聞いたら
また二人で来たいとの事 ホッとしました
彼女と 遠征は 8年ぶり 小6の時です
小笠原に やはり 2人で行きました
房総の海には寝てる娘を拉致 朝起きたら海が定番
すっかり採取のベテランです
これを機会に私の2代目になってくれると良いのですが
頼もしく娘を見る hamacyanです
来年また 計画しなくては

2004/10
1回目
黄色が 気になった気になった ジッとしていられません
しかし 何時もの仲間は皆 用事有って 付き合ってくれそうにない そう言えば 近所に 業界の大先輩が 
誘ったら 行ってくれるとの事
熟年ペアーで 行くことになりました
今回私 黄色1本に絞りますが 潮周りが悪く
干潮は午後 普段は 干満気にしていないのですが
今回は 深場 それも あたり一面が 穴だらけの
ゴテゴテした 難易度の高い場所 
それに 2回連続で 深い穴に入られ取り逃がしているので
潮目を選んで 挑むことにしました
午前中は 軽く流して 先輩メーンで 楽しんでもらいました
しかし 最初の場所で 漁師に注意され
仕方なく 3箇所で 遊んで まずまずの 成果
先輩も 満足の様子

2時ごろ いよいよ 本番 目的の場所に
前日の 雨の影響で 濁っています
濁っているのは 1mまでで それより下は
マアマアの透明度です
はたして まだ 同じ場所にいるか 不安
なかなか 見つかりません
何度か 潜ると 段々の最深部 中央あたりに
チラチラ 黄色が 見えました
今回の作戦は 前回の浅場まで追い上げるのは
途中の 穴に 入られる 危険があるので
深場 10m 位置で 勝負
最深部の 左端は 大きな 穴があるので
そこに 入られないよう 左から右に攻めます
作戦は立てましたが 条件が 悪すぎます
透明度が悪く 水面からは 下の様子が分かりません
見つけて 息を整えて いざ 採ろうともう一度 潜っても
見失って 又 探す そんな 連続です
1時間半 同じことの 繰り返し
やっと 場所と隠れるパッターンが分かって
勝負 潜って ゆっくり追い詰めると 岩の下に
隠れた 深追いせず 
(実際は10mの海底に短時間しかいられない)
息を整えて 再チャレンジ 4回目に
新型追い出し棒で(威力抜群)追い出して
息が苦しのを我慢して やっと ゲット
水面まで上がる時間が 長いこと長いこと
やっと水面まで たどり着きましたが
魚 握ったまま 暫くは 動けませんでした
黄金の輝き
疲れきって 浅瀬まで たどり着いたら
先輩が ヤッコがいるから 採ってくれよと
そんなザコてな 感じもしましたが
先輩に 言われたら 働かざろう得ません

やっと終わって 日が暮れてきましたが
先輩 もう一軒行こう と 飲み屋じゃあるまいし
仕方なく 日没まで 潜って やっと帰りです
近頃の年寄りは 疲れを知らない
驚きです 

疲れきって 運転代わって貰おうと したら
マニアルなので 自信ないとの事
大変な採取でしたが 楽しかったです


2回目
台風一過 ガンバと出陣
予想は甘かったです
道は寸断
いける場所はたどり着けない
やっとの思いでポイントで仲間に会えたのと
海の穏やかさはマアマア 海にに入れたのが
良かったです
2004/9 1回目
8月一回しか行かなかったので9月は頑張るぞ
しかし海に着いたものの 魚少ない
トゲ フウライも 見当たりません
北から南へ 魚も求めて また 北に
やっとたどり着いた所に 私を待っていてくれました
ニセ しかしサラリと 恥ずかしがって 隠れてしまいます
30分後またチャレンジ 又駄目
30分後 退路に構えて やっとゲット
魚は少ないけど 最後の1匹で
来て良かったです

2回目
海の約束したので 夜 出ようとすると
土砂降りの雨
行くべきなのか 採取できるのか 若干不安
何時も行く時は天気 干満 など 台風以外は調べません
現地で小雨なら決行 土砂降りなら 温泉
波があれば静かな所に 満ちていれば それなりの
採り方で 
問題は行く暇が作れるか 作ったら行くしかないです
前夜10時に出て今日は夜襲予定
懐中電灯頼りに暗黒の海に入っていきます
潜るので夜採取とは言わない 過激に夜襲と言っています
現地には深夜着きましたが やはり土砂降りの雨
透明度が悪いので 夜襲は 断念
夜襲は1人で潜るのは危険ですチームでもチームワーク
悪いと これまた危険
地形を熟知したベテラン達だけの世界です
南方の海では ダツの 攻撃で 命を落とす場合も
有ります
5時には目が覚め雨もやみ 採取出来るみたい
釣りグループと潜水グループ(hamacyan)のリーダーはもう
ソワソワ 待ちきれなくて 6時前から戦闘開始
でも参戦したのはリーダーだけで
皆軟弱 起きません
海の中に入ると なぜか 不漁年なのに
希少魚ばかりが湧いて来ます
早く潜ればよいのに 
希少魚は採らずに超希少魚の選択採取 こんな
贅沢が許されるのでしょうか
あらかた採って 次はツノダシ狙い
ツノダシは深場の8mポイント に います 
何匹か いますが 地形が悪いとこは避け
条件の良いとこに居たのだけアタック
3匹目を 採ろうとして ゆっくり追いかけて居た時の
ことですの 岩の割れ目に差し掛かったら
急に 引き潮で あっという間に 引き込まれ
体 スッポリ 右肩だけ 引っ掛けて踏ん張り
何とか持ちこたえました
中まで吸い込まれていたら 体はズタズタ 
途中で引っかかったら そのまま 脱出不能溺死です
幸運でした
割れ目から脱出して 呼吸を整え さっきの
ツノダシを 何事もなかったように 冷静にゲット
恐い性格です
次はハタタテポイント 湾の真ん中 底が見えない
多分水深15m位 こんな所に 居るのかな
先まで居たというのですが 見当たりません
諦めて最初のポイントに
もう 3時 カウントダウン開始です
お目当ての魚は見当たりませんが
チョウは 沢山居ます
だんだん暗くなって視界が悪くなってきました
最後にミナミ採って もう1匹がんばろうとした時
「時間ですよ」の呼び出しが来て そこでエンド
丘に上がると 待っていたのは 暖かいご飯と
釣ったカツオの刺身 思わず 「美味い!」
最高です 今日も海を十二分に楽しめました


3回目
今日は夜襲日
でも暗黒の海に入るには勇気が必用です
先発隊行かせ やはり 行かねばと
重い腰を 上げて 潜りました
目の前に13cmのナミが つい手が出て採ってしまいました
躊躇いは上がった後の着替え 面倒で
着替えて仮眠後
場所は南端 潜りましたが 魚少ない
また 場所変えて 2kばかり泳ぐポイント
最後にミナミ見つけましたが 逃げられた
違ったアミ持ってきたので 採り方が ぎこちない
あまりパッとしないポイントでしたが
ハタタテのグランドスラム達成
マアマアの結果で終わりました


4回目
もう4回目です 凄いピッチ
まずはキンチャク狙い 相棒は起きないので
仕方なく 弟と
居ました 逃げるは 逃げる いつの間にか 別の場所に
忍者のように アッチに行ったりこっちに来たり
でも あまり隠れないので 御用
その後 オニ 採ったのですが 弟に シマ 採られた
私は 最初見かけてのですが てっきり ナミハタと
思いスルーしたのが シマで 弟に採られてしまいました
次の場所は秘密の採取地
去年はキンチャクの幼魚がいた場所です
深さは10mぐらい
居ました 始めてみる黄色系です 私関東初の魚でした
二人掛かりでしたが 惜しいところで 穴に入られ
採ることが出来ません 残念
見ただけでも満足と諦めました
採取HP界のマドンナ人魚姫に会おうと 別の場所に
移動したのですが 見当たらなく
さらに南下 ここは前回潜りたくて潜れなかった場所
深くて 黄色系は居ましたが あまり取れませんでした
フタハタ見かけましたが これもゴロタに入られ
最後にツノダシとって 採取完了
帰途人魚姫の宿泊場所に寄って 会うことが出来ました
噂どうりのチャーミングな人でしたが
海に入ると 狂となるとのことですです

5回目
黄色が目にちらついて 寝ることも出来ません
仕方なく 昔の仲間誘って 再チャレンジ
やはり居ました 最深部 同じとこです
最深部伝いに左回りで 7mの浅場に 追い込み
ゲットの作戦です
しかし 最深部の左端の この前 隠れたとこに
入られ 出てきません
作戦失敗
外でも頑張りましたが 目的達成できなく 
がっかりデス 

6回目
魚少ないのに 又もいくは目になり 
ついに6回目 狂気の沙汰です
姫を意識したわけではないのですが
行かなければ 海に申し訳なく
ついつい
でも 何とか 今期初採取 が 採れたので
行ってよかったと無理に納得する
hamacyanでした

2004/8 今日は深場
濁りが心配でしたがガンガンに透き通っています
前もって周到な準備をして打ち合わせもして臨みました
の はずだったのですか
海に入ったとたん バラバラ チームワークが 悪い
深場では息が続きません チームワークが 重要
仲間が見つけたときにはフォローするのですが
私の方にはフォローしてくれません
魚やっと 見っけ 
何度も潜って やっと 網の中に
と 思ったら バックされ逃げられました
あと少し 息が続けば 自分ながら 不甲斐ない
苦しくなって 微妙に 手網の使い方が
乱暴になっています
さらに もう一匹見っけ FSさん の 助けを借りてゲット
あっという間に一日がたってしまいました
澄んだ深場は魚少ないですが
宇宙に漂っている見たいで 面白かったです
反省点は チームワークと 潜水の鍛錬しないと
もっと 楽しめないです
2004/7
1回目
何時もの通り未明着 気持ちが 逸るので 
すぐに 海に
水は若干 冷たい
殆ど 魚が居ない
何箇所か回って 最後の場所
ここも ナミが 若干 いるぐらい
仲間が 先に 行ったつもりで いたので
ゆっくり 戻ったら もう 皆 着替えていて
何時もの通り 私が 最後になってしまいました
ビックゲットはキンチャク(中) 後は めぼしい物が
いません 今年も不漁年か  心配


2回目
今週も連続です
まずは 元気な内に深場へ 本当にいるのかな マメ
軍団の総力挙げて探索
30分ぐらいで お目当ての魚 見っけ
追いかけると岩間に隠れて なかなか 出てきてくれません
FUKAさんと一緒に 1匹を追いかけますが
相手も必死 しかし 子供 何とか FUKAさんゲット
深いので 減圧させながら 次の獲物に
この場所で 時間かなり 費やしましたが
マメ採れたので 満足です
次の場所 最後の場所と 移動しましたが
まだまだシーズンOFF 魚少ないですが
何種類かとって 帰途
海水交換もし輸送環境は完璧 
楽しめそうな シーズン かなり 期待できます

3回目
今日は会の海掃除日 早くいこうと 思ったら
寝坊して 出発が 遅れ
戦意喪失  今月は3回共 寝坊で遅刻
やっと海にたどり着き コンビニで 食料かって
港で食事していると  向こうに
見慣れた顔が もう1人のhamacyanでした
潜る前に食事するなんて 気合が入っていません
集合時間までは まだ 時間あるので
皆と別れ 何時もの 磯に 
何匹か 採って 集合場所に
会長の挨拶が終わって 一斉に 港の掃除
凄い タバコの吸殻だらけ
タバコを吸う仲間もこれには 唖然とし
以降 吸殻の始末は しっかりやるようになりました
終わったあとは 禁猟区の側の磯で陣取って
海遊び 友達の 子供と遊んで
車混むので 昼には 皆と別れ 帰途に
珍しく ムレハタ採りましたが マダマダ
魚は少ないです





2004/6
ポツポツ情報が入ってきたので そろそろ行くか
海に着くと土砂降り
海は荒れ 第一ポイントは 満潮でパス
第二ポイント移動 意外と水は暖かい
まもなくシラコ見っけ 8cmぐらい 何とかゲット
ホンソメも大きい 採るのためらっていると 採れとの
指令 仕方なく ゲット 後は オトヒメ
皆 去年の越冬組 稚魚は 何もいない
第一ポイントに戻り 第三ポイントも 同様 豪雨で土砂水が
入り 濁りが酷い それでも 夕方まで稚魚探しましたが
見つかりませんでした 
7月に入らないと まだ駄目みたい
2004/5
2004/3 フイリッピン セブ島 遠征
2004/2 1回目
前夜 急に寒くなり 今度の日曜日採取心配
行けたとしても 今シーズン最後 長いシーズンOFF
どうしようかと考えると 当然 南方への遠征が思い浮かび
早速 六本木の フイリッピン大使館へ 現地の情報収集へ
しかし 担当官は そんな 採取などという 相談を受けたことがなく 呆れ顔 
現地の動物保護省に たらい回しされてしまいました
現地に相談しろと言われても英語 無理な話です
途方に暮れて居ると 友人の友人に バッタリ 会ってしま
いました 良かったのか悪かったのか
幸い 現地の状況は しっかり 把握できたのですが
話好きで 帰してくれません 4時間ぐらい捕まって
やっと家に帰れたのは 24時
それから 週末に備えて千葉の海の ビデオを 見て
寝たのが 2時
朝 呼び鈴で目が覚めました
なんだ 朝っぱらから 非常識な と 思って 玄関開けると
非常識ぞろいの採取仲間でした
私が日曜日が変更になり今日になったのを忘れていました
慌てて支度して 家を7時半に 飛び出して 
車に飛び乗り 皆に 平謝り  約束が7時でしたから
30分も外に 待たせていたことになります
しかし 外は 雪が 降っています 本当に行くのと
言ってしまいました
今日は幻のチョウチョ求め 目的の地に
そろそろ出現の予感 海に入ろうとしたら
漁師さんに注意され ウエットでは 駄目だとのこと
この地で 初めて注意されてしまいました 残念です
仕方なく ポイントかえ 別の場所に
海に足を入れるなり ゾクゾク 寒い
頭が 寒さでガーンと きます
入った以上 何か 採らなければ

直ぐにサザナミ発見 ゴロタの下に入って 出てきません
仕方なく ホンソメだけ ゲット
クマノミ見つけ 採ろうとしたら シュノーケル外れたり
メガネが 曇って よく見えません
立ち泳ぎで メガネ 拭こうとするのですが 硬直した
体では 溺れそうになり 浅場まで 行って 体制建て直し
その間に 仲間が 採ってくれました

結局 たいした獲物は なく 
キャップ持ってくれば もっと 頑張れたのでしょうが
体の芯まで冷え上がり 一番最初に陸に上がりました

現地の仲間には 潜る場所 言っていなかったのですが
場所を嗅ぎ付けて 暖かい お茶と おにぎりの
差し入れです 
やっと 震えが 止まりました 
ありがとう ございました
今日でやっと 決心がつきました 
これで 今シーズの 潜り納めです
寒かったですが 海は澄み 奇麗でした 
潜って 良かったです
2004/1 2004/1/11  初潜り

未明 自宅まで 迎えに 来てもらって
いざ 出陣
今日は 寒いです
海に着くと 何処も 荒れていて 入れません
ここも 入れない 寒いので なにか ホットする 気分です
しかし 収穫0 では 帰れません
午後を 回って やっと 入れる場所に たどり着き
潜ると トゲ 発見
動きが 寒さで 鈍いです
ハタタテも 発見しましたが こちらは 逃げ足早く
やっとゲット 今日の 収穫は 2匹だけ

2回目
今日は風が強く最悪のコンディション
車でいざ海へ
海到着直前に 食事 と いうことになり
団体行動なので仕方なく 
焦りながら ガバガバと飯食らい
やっと海にたどり着いて ドボン
かなり 濁っています
沖まで出て お目当ての魚 見っけ
しかし 波に 体を持っていかれ 魚逃げられてしまいました
残念 
時間たつと さらに 荒れてきて 海底の砂が巻き上げられ
採取何処では ありません
諦めて 別のポイントへ
袖なしウエットにTシャツ着て 潜っていたら
地元の子どもに 馬鹿にされ ガタガタ震えながら
ハタタテ 採って デカフウライ採って 今日は おしまい
その夜は フロに入ってすき焼き食べて風邪薬飲んで 
死んだように寝ました

次回から ウエットの上着も 着ることにします 反省

3回目
年末ひいた風邪が治りません
しっかり朝食食べて ウエット着て
海に入れば治ると 都合良い様に考えて
海に入りましたが 咳が 止まりません
一緒に入った仲間にも 海の中で 咳が 伝わり
よく聞こえてとのことです
魚にも hamacyan 当然 聞こえたみたいですが
この初めてのポイント魚多く
入ったとたん お目当ての ヤッコ 捕まえて
チョウチョ ハタタテも ゲット 
時間も忘れ 結局 夕方まで 潜ってしまいました

4回目
しっかり朝食食べて ウエット着て
今日も海に
お目当てのヤッコ求めて 
今日は ガンガンに澄んでいます
でも 流れが 速く チョット 恐い
先端まで行くと いました しかし 直ぐ穴に入られ
手も足も出ない
私の 追い出し棒は 20cmと 短く 効果なし
仲間を探しましたが 見当たりません
諦めるしか ありません
次回は 道具そろえて 再チャレンジです
帰り際に ブダイの稚魚 見つけましたが
なかなか 捕まえられない
アミに入ったと思ったら アミ目から 抜けてしまいます
時間掛かりましたが やっと 捕まえて
岸を見ると 仲間が 立っています
そろそろ時間かなの 時計を見ようとしたら
腕時計がない 
外れて海に落としてきたみたい
岸に戻ると 仲間に 怒られました
時間オーバーと
私の近くを舟が通ったのですが ブダイに熱中して
気がつかない 危ないと 怒られました

どうも 海に入ると 人が変って 無茶して 駄目です
皆さんは 注意 怠らないように

神の道

怒られ 平伏すhamacyan
神はいつの世でも その道を極めんとする為に
迫害を受け それに耐え 
迷える人々に 安らぎの 光を 示すのであった
罵倒する愚かな者どもを許したまえ アーメン



トップ バック

ウォーター